忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
クローバー
性別:
非公開
自己紹介:
マイシス:四葉
嫁:エリス(Canvas2)
属性:妹(実妹>義妹)
血縁のブラコン妹が最強だと思います。
マイブーム:
ミルキィホームズ・ヴァイス・ドラネス
カウンター
ブログ内検索
アーカイブ
リンク
遊戯王オートリンク
アクセス解析
中の人.jp

妹萌え信者が贈るブログ。 外から見たら狂気に満ちているに違いない。 次元数を1つ落とす原因がシスプリだった点から察してください。
No.985 No.984 No.983 No.982 No.981 No.980 No.979 No.978 No.977 No.976 No.975
2017-12-14(Thu)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2015-05-29(Fri)
就活生と新人(続)
昨日は病院に行くために休みをとったのですが、今日の朝、いきなり後輩から
「昨日採用担当(怖)が話してたんですけど、今日就活生来るらしくて。それで先輩社員の挨拶で15分位話してもらうって言ってましたよ。」
と言われました。…何も準備してませんけど?
私の母校の学生だったこともあり、名指しだったようです。
時間的には昼前だったので、本当の本当に直前に言われた訳じゃなかったけど、その人から直接は連絡来なかったよね。
毎度のことだし、割りと好きだから良いけど。

直属の上司は「隣の部署にもいるよ!」って言ったらしいですけど、どう考えてもソイツに行かせても就活生にとってマイナスしか産まないことは火を見るより明らかでして。
採用担当(怖)も、その場は「じゃあ、どっちか暇そうな方を連れて行きます」とか言ってたらしいけど、今日名指しだったわな。

んで、呼び出されて言ったら福利厚生とか応募方法みたいな話をしてて、それが一通り終わったところで、僕のターン。
話を聞きに来てた学生は3人。

私「研究室どこなの?」
で掴みはOK!ちなみにちゃんと研究してそうな研究室でした。

採用(怖)「…とりあえず、苦労したこととかでも」
私「苦労したこと…苦労したこと…」
私(採用担当(怖い)の人の前とか、下手なこと言えんぞ…
私「専門の学科出てれば技術的な話は余裕です。うちの会社。
私「(就活生を指して)今首かしげたけど、ホント余裕だから!授業でやってる方が難しいから!今仕事渡されて、やれって言われても出来るよ!」
採用(怖)「私の前でそれ言っちゃいますか」
私「だから言いたくなかったんですよ!」

ただ、ちゃんとコミュニケーションの方が問題だよ、と言う話をしました!!
採用担当(怖)も頷いてたので間違ってないはずだ!!!


その後、学生さんからの質問でも

学生「志望動機は何ですか?」
私「志望動機?!この状況で聞くの?!すごく言いづらいんですが!」
採用(優)「大丈夫、聞かなかったことにするから」
私「ホントですか。」
私「面接で話した志望動機と本当の志望動機があるんですが、本当の志望動機は
採用(怖)「私が採用担当になったのは次の年からだから、その話は聞いてないか。まあ、表向きというのもあるでしょうから…」
私「(学生を指さして)きっと本当の志望動機は言いませんよ!言えないよね!

学生「試験内容に小論文とありますが、どれくらいのものが…」
私「え?それ言っちゃっていいの?言ってもいいけど、隣に問題作る人いるから変えられちゃうんじゃないの?」
学生「あ、そうか」
採用(怖)「見るのは私ですからね。…まあ、変えませんけど。」

学生「そういえば、先輩はどこの研究室出身なんですか?」
私「~~研です。」
学生「卒検発表を聞いたんですが、結構難しいことやってますよね」
私「内定出ると卒業させてくれるんだよ!」

などなど、割りと適当に話をしてきました。
ありがたい真面目なお話とか聞いてもしゃーないだろうし。
怖いけど、話は分かってくれる人だと信じてるので、きっと大丈夫
そうじゃないと結構言わない方が良いことも言った気がするので色々ヤバイ。


話変わって。新人(女)ことポコえもん。

その1
この前の更新で散々オタク疑惑を潰されながらも、この前宮城に行ってきたと話をしていたので突っ込んでみることに。

私「宮城行ったって言ってたけど、何かイベントでもあったの?」
私(声優のライブか?!アニメ関係のイベントか?!)
「いきものがかりのライブ行ってきました!とても近くで見られて興奮しました!最初と最後なんか観客の間を通って…」
私(…)
僕は諦めません。


その2
ポコえもん帰宅後。
上司「なんかポコえもんさんさ、昨日香水臭くなかった?」
後輩「ほんとですか?全然気づきませんでした。」
上司「なんかさ…おばさんの匂いみたいなやつでさ…
上司「お陰で昨日気分悪くなっちゃってさー」
上司「最初さー、そっちの方(私の母親と同じ位の年齢の方)かと思ったんだけど、どうも違うんだよね」
僕「むしろ、いい匂いしますよね」
僕「おばさん臭いって化粧品の匂いとかですかね」
後輩「母親の化粧品でも使ってるんですかね?
上司「なんか化粧してんのかよ!っていう感じもするしさー
僕「あ、やっぱりそう思いますか
上司「首もゴキゴキならしてるしさー」

多分、この業界じゃなかったら生きていけないと思う…。
ある意味、オタサーの姫状態なのかもしれない。

拍手

PR



・C O M M E N T
  • この記事へのコメント投稿フォームです。


  • Name:
    Title:
    Mail:
    Url:
    Color:
    Decoration:
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Message:
    Pass:
    ※編集時に必要です。


    No.985 No.984 No.983 No.982 No.981 No.980 No.979 No.978 No.977 No.976 No.975

    Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
    忍者ブログ[PR]