忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
クローバー
性別:
非公開
自己紹介:
マイシス:四葉
嫁:エリス(Canvas2)
属性:妹(実妹>義妹)
血縁のブラコン妹が最強だと思います。
マイブーム:
ミルキィホームズ・ヴァイス・ドラネス
カウンター
ブログ内検索
アーカイブ
リンク
遊戯王オートリンク
アクセス解析
中の人.jp

妹萌え信者が贈るブログ。 外から見たら狂気に満ちているに違いない。 次元数を1つ落とす原因がシスプリだった点から察してください。
1 2 3 4 5 6 >>>
2017-10-20(Fri)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2017-06-03(Sat)
まともじゃない中ではまともな結果
歯車生活も長引き、ブログを更新する癖が完全になくなりました。
管理画面にログインするのも1年ぶりじゃないの?と思ったけど、1月にブログ更新してたんだ。

今日は会社野球部の唯一の公式戦でした。
昨年度は50-0(1時間半制限の時間切れ。多分3回。)という、テニスでもやってたのかな?というスコアで、社内中、そして対戦相手からもネタにされるという汚点になった訳ですが…
(あまりにもひどくてブログ更新したかと思ったけど、書いて無さそう)
その後、猛特訓(練習数 月1月4程度)を重ね、今日の大会に備えてきた訳です。

そして、今日の対戦相手は…昨年度50点取った相手 に勝った相手という、完全に絶望的なやつでした。(くじでシード引いてしまった)
まあ、上司からは「マジでやられたら50点じゃすまないけど、そんなエゲツないことしてこないから大丈夫だろう。あんなエゲツないことするのは去年のあいつらだけだ。」という話を聞いていたので、「きっと分かってくれる!」と楽観的に臨んだわけです。
実際、先攻後攻のジャンケンで相手が勝ったのに、後攻選んでくれたりしましたしね!
ただ、試合前の円陣組んでる時に「超攻撃的に行く」とかいう不吉なワードが飛んでましたけど…。

で、実際試合が始まったら…
後輩で普通に運動できるやつがいるんですけど、コイツが良いあたりをパコーン。
フェンスが無くて外野がフリーなんですが、その頭を超えていきました。
んで、私がサードコーチャーやってたんですけど、かなり悩みましたよね。
タイミング的に怪しかったけど、「絶対後続が続かない!」と判断して、思い切って回しました。
いやー、やっぱりね、引きこもらずに生きてきた人たちで、社会人になっても野球やってる人たちはね、ちゃんとしたボール返してくるよね。
「アカン、これピッタリアウトのタイミングや」と思ったんですけど、その後輩が手でベースにタッチするようにスライディングし、タッチを避けてセーフ!
まさかの開幕早々1点という奇跡がおきました。

試合前に、「1点取ったら、今日のご飯はちょっと高めのとんかつ屋。負けたときは考えてません。」とか言ってたのに、まさかの速攻でお昼が決まってしまうハプニング。

後でその後輩に聞いたところ、ボールを見る余裕は無かったから、回されたら行こうと思ってたらしく、ただ、ホームの直前でボールが返ってくるのが見えて、「スライディングしないと絶対無理だ」ってことでやったらしい。
本人は「全然スライディングになってなくて、足がもつれたような感じになってたから、練習しないと無理ですね」とか言ってたんですけど、私としては完璧なスライディングに見えましたよね。回した責任あるから。

そして、問題の守備。
ここ3年間、ポンコツな後輩がエースだったんですが、こいつが口だけで練習も自主トレもまっっっっったくやろうとしない。
投げ始めると「変えないでください!まだ行けます!」とかカッコイイこと言うんですけど、まあ、今年から監督が私になりましたからね。「お前は4番手」ということで投手失格にしましたよね。
(一応、去年の内に「来年は俺が監督になるだろうけど、俺だったらお前は投手やらせないから、やりたければアピールしろよ」って言ったけど、何もやらなかったからね。)

で、昨年度から練習をしてた先輩が先発。公式戦どころか、練習試合とかすら投げてないんじゃないかな。
案の定四球連発…だけど、そこそこストライクも取れてたりしたので、ある程度手を出してくれた上に、球が遅くてまともな当たりが出ない。
お陰で1回を3失点で切り抜けました。二桁失点していないという奇跡。
ちなみに、クイック・牽制何も出来ないので、走られ放題でした。(ここは最初から諦めてました。)
逆に、走った時にちゃんと撃たずに待ってたようで、そこでストライクが取れたりしたのも大きかったのかもしれません。

で、2回。
先頭打者の私がツーベース!
いやー、長かったね。これ初ヒット。
10時まで残業する生活を続けながら、そこからバッティングセンターに行くという生活を2週間も続けた成果がでたね!
実際、昔は「球めっちゃはええ!コース見えねえ!」って当たる気がしなかったけど、そこそこ見えるようになりましたね。バットに当たったのは、割りとまぐれ感ありますけど…。
ちなみに、ツーベース撃ったところで、相手ベンチから「外野何やってんだよ!」という3/4怒号、1/4笑いが飛んでました。どうせ飛んでこないだろう感あったところで、ビヨンドの芯に当たった打球だったから目測誤ったんでしょうね。
まともなチームっぽいし、普段金属バットの大会なのかな。

その後…
 サードエラーで12塁
 ポンコツがレフト前ヒットで満塁
 投手の先輩が内野ゴロでホームアウト
 そして、内野ゴロのゲッツー回避で1点!
ということで、何と2点目まで入りました!
この時点で、スコアが2-3という、昨年50点取られたチームとは思えない順調さ。

まあ、ウラにまた3点取られるんですけど、それでも昨年度、平均1イニング17失点というチームですからね。

で、3回。
もうこのあたりから、こっちの攻撃はサクサク3凡
まじで早かった…。

しかし、3回ウラ。
なんと0点に抑える。
私の記憶の中だと、相手のスコアに0って入ったイニングって無かったんじゃないかな…。
この時点で2-6だから、相手もそこまでアウトになろうとはしてなかったと思うんですけどね。
ただ、大マジでやってた訳でもないと思いますけど。

で、4回。(攻撃はもうどうしようもない感じで終わる。)
投手をどうしようか悩みましたよね。
先発はノルマ2回、ワンチャン3回って考えてたところで、3回に無失点のイニングなんか作られちゃったから…。
本人に聞いても「大丈夫」ってことだったので、続投。

…したら、さすがに捕まりましたね。
四球も多かったんですけど、きっちり外野の頭を越す打球が多くなりました。
さすがに遅い球に目が慣れてきて、引きつけて撃てるようになったんでしょうね。

なんとか2死取ったところで、投手交代したんですけど、この交代ってタイミング難しいね。
投手2枚+予備1枚+ポンコツなので、実質2人しか投げる人がいないし…。
で、どっちもほとんどストライクが入らないので、調子が良いと尚更変えにくい。
さすがに四球連発は相手に申し訳なくなるからね。
で、この回9点取られました。

5回表も特に面白みもなく終わり、無事5回10点差のコールドで負け。
結果、2-15。

まあ…相手もボール球に手を出してくれてたとは思うけど、ウチの野球部としてはかなりマシなスコアでしたね。
何だかんだでエラーも無かったし。私も、3日前の練習でフライが全く取れないという弱点がバレてしまったんですが、今日の試合は2球飛んできて、どっちも落とさなかったからね。

(ただ、去年はまともに動ける人(今日ホームラン撃った後輩とか)の不参加が結構あったので、そういう意味でいうと、めっちゃうまくなった!と言うよりは、人が揃ってた!という方が大きいのかもしれませんけどね。
キャッチボールもまともに出来ない人と、外野フライが取れる人では比べ物にならない程の差がでますからね…。)

ということで、無事、公式戦の全日程が終了しました。
ここから、みんなの練習のやる気が急落するので、なんとかしたいところ。
引きこもりばっかりやからな…。とりあえず、練習のペースは落とさないようにぶち込みたいですね。

ちなみに、今日の試合に新採で入ってきた女の子が見に来てました。
前に飲み会の場で、今度試合あるんですね~って話になり、「試合やる場所、そこなら分かりますね」って言ったのを聞いて、一瞬理解できずに「それは試合を見に来るってこと?」って聞いたら、「はい」という返事。
昨年度、50-0で負けたということを知った上で、そんなこと言うんだから感心しますよね。
一応、前日に確認したら「行くか分からないし、行ってもこっそり隠れて、すぐに帰ります」って言ってたんですけど、ちゃんと試合開始前に挨拶しにきて、試合終了まで見てましたね。

そういう意味でも、比較的まともな試合が出来て良かったです。
と思ってたけど、よくよく考えて客観的になると、結構ひどい試合なんだよな…。
まあ、「去年は50-0だったけど、今年の相手はもっと強い相手らしいからなぁ」と予防線はってたんで、大丈夫だろ!

拍手

PR


2017-01-22(Sun)
うわーめっちゃ久しぶりにブログかくわー
社会の歯車として生きているので、平日は寝るか食うか仕事しかしてない!
そして土日は1日寝てるので、マジで書くこと無いんです…。
ガチャを回すのが生きがい。

で、わざわざブログにログインしたってことは、書くようなことがあったとい訳で。
友人の結婚式の次にこんな話書くのもなんですけど。

親父が仕事やめたでござるwwwww


まじで頭いてえ…
10年も勤めたとかインターネッツ探したら仕事なんていくらでもみつかるとか、まじで独身ニートの妄想か?と思うようなこと言ってたらしいです。

で、このニートが黙って部屋の隅で生活してればいいだろうけど、どうせ遊びまわるに決まってる。
そいで、そのうちお金がなくなってブチギレ回るに決まってるんだ…。
今までの人生、人のスネかじり虫で人のせいにして生きてきたような人だからな。

そろそろ私がターゲットにされそうなので、逃げる算段をしておくべきかもしれません。
面倒みるだけならともかく、遊び回ってクレジットカード限度額の借金なんて作られた日にはどうしようもないよ。

てか、もう説得したってどうしようもないよな…あの年齢で仕事なんて見つかる訳ないし、あいつが仕事なんか探すわけないもんな…

拍手



2016-09-25(Sun)
結婚式
昨日は友人の結婚式に行ってきました。
いやー、楽しかったですね。

ろくに結婚式に参加したこともないのに、受付なんかやらせていただいて、とてもいい経験が出来ました。
コミュ障でも来る人がよくわかっているようで、みなさんの方で勝手にやっていただけるんですね!
その後、「ご祝儀バッグを区切りがついて親族に渡すまで持っててください」的に任されたのですが、脱出するタイミングを逃してしまったので、ちゃんと渡せました。
今回の結婚式は、式典です!って感じがあんまりしなくて、気楽に楽しめました。
…いや、周りに知ってる人が多かったせいかもしれませんけど。ありがとうボドゲ会。
(更に言うと、親族の結婚式とかほぼ全員知らん人だったしなぁ。)

二次会も、何でこんな人増えてるの?!って感じでしたけど、思ったよりアウェーではなく。さすがボドゲ会。

ただ、二次会のゲームね。チームに別れて4択から最多投票を狙うっていうものだったんですが…。
これ、普段のボドゲ会のノリでやったら痛い目みたね!
深読みしすぎて外す。そらそうだ、ほとんどが素直にゲームを楽しんでる人なんだ。
「こういう如何にもな選択肢を並べてひっかけようとしてる」とかいう読みに何にも意味が無い!

なお、二次会が終わった後、まさに二次会会場のその場でボドゲ会のメンバーで
「何故この質問でこの選択肢を選んだか?」
という感想戦が始まり、ゲームのルールについてまで反省をし始める。
しかも、それを新郎新婦の目の前で喋りだし、新郎まで「次回に活かす」とか言い出す。
完全にボードゲーム後のノリである。

普通、「今日は超楽しかった!ゲームもサイコーに盛り上がったね!」とかじゃないんですかね。


以下、個人的におこったこと
(受付時)
私友「こんにちは」
私「あ、面白い人ですね!」
面白い人「はー!あいつ…」
面白い人「ほんまやめてください」
私(おもしろい空気だしてるな…)

(ご祝儀バッグを妹さんに渡したとき)
妹「ありがとうございます」
私「優秀な妹さんと聞いてますよ!」
妹「いやいや…兄ほどでは…」
私「あいつポンコツじゃないですか!」
友「ちょ」
私「今日はきっと許してくれる!」

(お母様とお父様が挨拶に来たとき)
親「いつもありがとうございます」
私「!」
私「いえいえ、そんな!!」
私「いつも面倒をみていただいておりまして、ご迷惑をおかけして…」
友(笑)
私「何!」

(余興で簡単なピザ作りをさせられた時)
スタッフ「コックコートを着てください」
私(おい!だったらデブ選んだらダメだろ!人選ミスってるぞ!)
私「これサイズ大丈夫ですか」
スタッフ「大丈夫だと思いますよ」
私(まあ、何とか着れたな)
スタッフ「…サイズこれしかないので」
私(アウトだったかー)

スタッフ「じゃあ、最初の人には生地作りをしてもらいます!」
私(あ、これ不器用な人がやったらあかんやつや)

私「これ大丈夫ですかね」
シェフ「大丈夫ですよ」
スタッフ「ほとんどをシェフの人に作ってもらっちゃいましたが、出来ました!」
私(こいつ煽り性能高いな!)


面白い人「そう言えば余興とか無かったですね」
私「なんかみんなを楽しませたい!とかで余興とか挨拶とか頼んでないって言ってたな」
友「え、でもさっきピザ」
私「?」
友「あれ余興じゃないの?」
私(…)
私「あのやろう!」

(二次会後)
面白い人「じゃあ、帰りますので」
みんな「再来週ボドゲ会ありますので!」
面白い人「こっち(地元)でやるときは参加します!」
みんな「再来週ボドゲ会ありますので!」

拍手



2016-09-10(Sat)
久々の日記
 一回書かなくなると、まーったく書かなくなりますね。やはり。

FFRKでオルランドゥのオバフロを当てた時、更新しかけたんですけど、途中で書くのやめちゃったんですよね。

で、今回なんで更新してるかというと…スマホが調子悪い!
どうやら、タッチ切れとかいう結構発生している現象らしい。
開発者用のツールだと思いますけど、画面の反応がこんな感じ。


画面左に明らかに縦に反応しないエリアが出来てます。ちなみに、そこの部分をタッチすると両端が反応します。
この反応しない位置が丁度、キーボード配列の時の「w」の位置なんですが、「w」を押すと「q」と「e」が入力されますね。

明らかにおかしいと気づいたのは1週間位前だったんですけど、まあ、FFRKでタップしたつもりが何故か長押し扱いになって困る位だったんですけど、それがパワプロの方でもキツくなり、グリムノーツでソートの昇順降順の変更が効かなくなり。

それでも、「まあゲームで困るくらいだしな」と様子見していたのですが、先ほどパワプロのサクセス中に画面左の反応が更に悪くなったような気がして、さらに画面右側にも反応しないエリアが出てきてしまいました。
これはだんだん酷くなるという予感がしたので、交換することを先ほど決意しました。
…バックアップとかくそ面倒だけど。

ちなみに、Xperia Z3を使っているんですが、これがそろそろ2年。発売日に買ったんですけどね。
カタログスペックが優秀で、スペック厨の僕は飛びついた訳ですが、まー、ケータイがすぐにあったまる。
しかもここ最近、1日ソシャゲやってたりするものだから、温まりっぱなしなんですよね。

で、ググると同じような症状がヒットするんですけど、原因として考えられてるのが、使い続けて電池が膨張、そのせいで画面の一部が反応しないようになってしまうとかなんとか。
ただ、私の場合は胸ポケットとかから滑り落ちて、地面に叩きつけたりしてたので、物理的な損傷が原因…という可能性もあります。
それでも、なんかここ最近急激に悪化してるような気がするので、合わせ技で逝った可能性が高い気がします。
前はソシャゲやってても、そんなこと気が付かなかったしなぁ。

念のため、最初に発覚した頃にauショップに行って、「うーん…何ていうか…壊れてるんですよ」と、すごくあやふやな説明をして診てもらうことは診てもらいました。
そのままだと「厄介な謎客」だと思われるだろうなと思ったので、先ほどのタッチの状態を見せたところ、何が言いたいかは分かってくれた模様。
ただ、予想通りというか、「直接タッチする部分じゃない画面の端の部分だったとしても、画面にひび割れがあると修理費はかかってしまう」という回答。どこかに問い合わせていたようでした。

で、どうやら、私は安心サポートとかいう、理由を問わずに有償でケータイを交換してくれるサービスに加入していたようでしたので、3000円位で新品っぽいものと交換できるらしい。
しかも、ネットの申し込みで可能で、壊れたものも郵送すればいいだけらしい。
(新品じゃなくてリフレッシュ品とかいうもので、外側を全体的に新品にしたものらしい。基盤とかを使いまわしてるって意味?)
ぶっちゃけ、2年使ってからの有償での交換ということを考えると、このサービスに入っているのが得なのかどうなのか疑問に思ったんですけど、折角なので利用することに。

スマホのスペック的にはまだ困ってないですし、何より、高い時に買ったスマホなんだから、もうちょっと使い潰してから乗り換えたいんですよね。なので、今回については、まあ打倒な費用だと思うことに。
ただ、実質0円みたいな買い方してるんだったら、機種の料金払い終わった瞬間での故障だったら、乗り換えた方が絶対良かったでしょうけど。

これで交換してまたすぐ壊れたら…考えたくもないですね。
とりあえず、先ほど申し込みはしてみたので、休みのウチには届くでしょう。
快適にゲームをやるためなので、3000円はしゃーなしです。

拍手



2016-05-15(Sun)
ポッ拳!
そういえば、発売日の翌日だか翌々日にポッ拳買ってました。
ポッ拳がでるってことをすっかり忘れていて、予約とか一切してなかったんですけど、
専コン含めて普通に買えました。当たり前か。

で、久々にゲームを買ったのはいいものの、遊ぼうと思ったらブラウン管のテレビが逝ってしまってました。理想的なゲーミングTVが…。
絶望したものの、WiiUはゲームパッドでも遊べるので、しばらくはゲームパッドみながら遊んでました。

でも、まあ、やっぱり大きい画面でもやりたいなってことで、HDMIケーブルを買ってきて、PCとWiiUでモニタを共有することに。
てか、WiiUのセット品の中にHDMIケーブルって書いてある気がするんだけど、入ってないんだよね。
どうせ使わないってどこかぶん投げたのか。

最初はちょくちょくやってたんですけど、仕事から帰ってきたら疲れてゲームやるよりダラダラしたいという思いが強く、土日数時間だけやるマンになってました。下手したら、土曜日1日寝てて、日曜日の二度寝とお昼寝をしてから、夕方からちょっとだけやるとか。

が、この前のニコニコ超会議?のポッ拳大会の配信みてから、やる気が再燃。
平日はゲーム起動して死ぬこともままあるし、やっぱり土日は寝てて終わることもあることはあるけど、現在Cランクまであがりました!

しかし、Cランクになった途端に勝てない。
4~5割位はあると思うけど、それまで勝率6割だったからね。
しかも、負け方があんまよくない。ひたすら同じ技が抜けられなくて死んだり。
勝つ時もブッパ通ってとか、そんな感じだからなぁ。

さすがに初心者帯抜けてくると、コンボ連だけやってきました!では勝てなくなるんだと痛感。
あと、ハイリスクハイリターンの一点読みばっか通してきたせいで、手癖になってる行動も多く。

で、弟に「勝てなくなったわ!」と言ってみたところ、「ポッ拳はしらんけど、スト5使いながら教える」ってことで、2時間位勉強。
更に「この動画めっちゃためになるから見た方がいい」ってことで、ギルティギアの講座を勧められる。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm28188335

まさに、思ってたことそのもの。
「手癖になってる行動がダメだって解ってるんだけど、負けると思うとやっちゃうんだよなぁ。ランク下げたくないしな。」
とか言ってたのが、まさにその通り指摘される。
やっすい投げ通して「分かってんだよ!」とか、2回クリティカルもらった後の相手の投げ読みカウンターが入った時の「投げたい?投げたい?はい投げるー!」みたいなね。
読み勝った…というよりジャンケンに勝って気持ちよくなってるのの意味の無さがよく分かるよね。

それでカウンターもらって温まってた部分もあったから、弟の話聞いて、動画見て、ある程度は冷静になれるようになった気がする。
もちろん温まることもあるけど!

今まで、格ゲーのフレーム表とか見る気もしなかったし使い方も分からなかったけど、弟の話聞いて意味がやっと分かりました。
…まあ、ポッ拳のフレーム表みつからないし、トレモが糞で実践練習みたいなのも出来ないんだけど。
ダミーレコード機能、つけていただけませんかね?

拍手



1 2 3 4 5 6 >>>

Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
忍者ブログ[PR]