忍者ブログ
ADMINNEW ENTRY
C A L E N D A R
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
クローバー
性別:
非公開
自己紹介:
マイシス:四葉
嫁:エリス(Canvas2)
属性:妹(実妹>義妹)
血縁のブラコン妹が最強だと思います。
マイブーム:
ミルキィホームズ・ヴァイス・ドラネス
カウンター
ブログ内検索
アーカイブ
リンク
遊戯王オートリンク
アクセス解析
中の人.jp

妹萌え信者が贈るブログ。 外から見たら狂気に満ちているに違いない。 次元数を1つ落とす原因がシスプリだった点から察してください。
No.917 No.916 No.915 No.914 No.913 No.912 No.911 No.910 No.908 No.907 No.906
2017-12-14(Thu)
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2014-09-03(Wed)
非リアを突き抜けるとリア充になる気がするけど、それが現実にまで影響するのかは難しい問題です
前にも書いた気がするけど、ネトゲで知り合うのって見た目とか雰囲気とか、
そういうの無しで始まるから、意外な繋がりが持てたりすると感じます。
おにぎりみたいな見た目を想像してたら、実際はめっちゃチャラかったり。
チャラ男に向かって「お前ホントキモいな」とか、リアルで言うなんて無理ですよ。
 …まぁ、ぐるぐるのことなんですけど。

無職だろうが学生だろうが、中学生だって振る舞い次第では仲良くなれる訳です。
ある意味、そういうコンプレックスやら見た目から来る第一印象を無しにして付き合えるという点だけで見れば、
その人の本質と向き合えるんじゃないのーとか考えたりします。
その代わり、ゲーム内のキャラクターの見た目とか装備とか、そういうのがステイタスになるんでしょうけど。

でも、実際はそういうのも含めてその人なんですよね。
ゲームの中の自分が偽りで、見栄っ張りの嘘だったりとか。
オフ会だーなんだーって集まったりするらしいですが、よくそんなこと出来るよなと思ってしまいます。
そういう話を聞いたり見たりすると、やっぱりネトゲはコミュ障がやるゲームじゃないんだろうなと思いますね。

そして、どこまで立ち入っていいのか、どこから踏み込んじゃいけないのか…とかとか。
相手がどういう人か感じることが出来ないからこそ、セーフの領域を判断するのも難しいです。
リアルでそんな悩みなく遊んでる人にとってみれば、些細な問題なのかもしれませんけどね。

自分はどうなんだろうと考えるてみると、豹変はしてないにしても、
やっぱり「自分の嫌なところが見られない!」という事から強気にはなってるし、余裕もあると思います。

色んな人と遊べる~という点から見れば面白いんでしょうけど、
じゃあ、実際の自分とのギャップはどうなんだろう?と考えていくとちょっと怖くなります。
まー、絡んでるウチはそんなこと考えてはいませんけどね。

拍手

PR



・C O M M E N T
  • この記事へのコメント投稿フォームです。


  • Name:
    Title:
    Mail:
    Url:
    Color:
    Decoration:
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    Message:
    Pass:
    ※編集時に必要です。


    No.917 No.916 No.915 No.914 No.913 No.912 No.911 No.910 No.908 No.907 No.906

    Powered by NinjaBlog. Template by うさねこ.
    忍者ブログ[PR]